Quai Montebello

帰国直前、名残惜しかったのか、目に焼き付けておきたかったのか、セーヌの流れの向こうにあるノートルダムを、 毎日毎日ただただ眺めていました。そのセーヌの河岸の名を「Quai Montebello」と言います。
2017年11月の10周年を機に、改めてパリに恋い焦がれていた在りし日の姿に立ち返ることに決めました。 フランス菓子がお好きな方なら誰もが知ってるような名前のお菓子を一つ一つ深く掘り下げ、 奇を衒うことのない現代的解釈で皆さまにご紹介したいと思っています。その一口に、景色が広がりますよう。

What's new

2018.11.14

クリスマスケーキのご案内





家族や恋人や友人たちとの、特別な日のためのケーキです。予約受付はじまりました。詳しくは以下のPDFファイルにてご案内しています。


2018.11.9

11周年イベントのご案内

11月11日に11周年を迎えるにあたり、ケ モンテベロが岸部に帰ってきます。

本格的な再オープンは、11月29日を予定しています。 だがしかし、私たちにとって思い入れの強い、大切な日である11月11日に、何もやらないのは寂しくてなりません。 そのため、再オープンに向けて、工事の真っ只中であるお店を、2日間限定で開けちゃいます。ペンキも塗れてなかったり、ドアも仮りで設置された簡易のものだったり、ライトがなかったり。臨場感たっぷりに工事中です。そこも含めて楽しんでもらえたなら幸いです。岸部のお菓子たちとともに、お待ちしております!


日付 : 11月10日(土)・11月11日(日)の二日間

時間 : 11:00~18:00

場所 : 岸部で工事中のケ モンテベロ

2018.11.9

WE ARE BACK

Pâtisserie Quai Montebello is coming back to Kishibe!



PÂTISSIER

Futoshi Hashimoto

  • 1975年福岡生まれ。
  • 大阪「ヒロコーヒー」で5年間勤務し、北海道「ウィンザー洞爺」を経て、ボルドー「マルケ」で3ヶ月の研修。大阪「ケ・モンテベロ」で立ち上げからシェフを務め、4周年を機に独立に向け退社し、「アシッドラシーヌ」を開業。 そして2018年「ケ・モンテベロ」の10周年を迎えるにあたり、まさかのシェフに返り咲き。 現在、「アシッドラシーヌ」と合わせ、2店舗でシェフを務める。
  • 日本からフランス菓子と向き合い、生地やクリームひとつひとつを大切に、素材を活かしきるお菓子づくりを続けています。

Instagram

View on Instagram

Access

  • 〒564-0001 大阪府吹田市岸部北5丁目20-3
    5640001 5-20-3, Kishibe-Kita, Suita-shi, Osaka
  • 最寄駅 : JR京都線 岸辺駅(JR大阪駅から約12分)
  • TEL/FAX : 06-6147-7718
  • 11:00~18:00
  • 定休日 : 月曜・火曜・水曜
    Holidays : Mondays, Tuesdays & Wednesdays
    営業カレンダー(臨時休業やイベントなど)

販売アルバイト・販売正社員・製造正社員を募集しております。
興味がある方は是非一度ご連絡下さい。